インドの伝承医学アーユルヴェーダに基づき一人ひとりの体質にあった美容を提案するシャナーズアーユルヴェーダ化粧品

お問い合わせ

カルマオイル&シャーダーラの使い方

ホーム >おすすめ[シャーダーラ・カルマオイル]

新商品のカルマオイルとシャーダーラの使い方を紹介します!

シャーダーラのここがいい

部屋を汚さずシロダーラの施術を行える

シロダーラとトリートメントが同時にできる

頭皮を清潔に保つことで、頭皮環境が良くなる

サラサラで艶のある髪に

壺でも専用ポットでも、お好みの方法で施術が行える

心身共に癒される本格的なメニューが簡単にできる

シャーダーラ

シャーダーラーの作り方

・シャーダーラ原液1本 
・シャーダーラ用ポットまたはシロダーラの壺
・お湯2リットル(40℃前後)※お好みで加減してください。
・瞑想クリーム(シャーピース)
・シャンプー(シャームラ、シャーヘンナ)
・仕上げクリーム(シャーリスマ)

  • まずはシャーダーラを作りましょう

  • シャーダーラ用ポットに、シャーダーラ原液1本をすべて入れ、お湯を少しずつ加えながら混ぜます。
    注:泡立たさないようお湯はゆっくり注ぎます。
  • シャーダーラのやり方(お家でやる場合は二人ペアでやってね)

  • 1.マッサージをしよう

    シャーダーラの前は必ず、全身のオイルマッサージかヘッドマッサージを行ないます。

    2.セットをしよう

    大きなボウルに湯煎用の熱い湯を溜め、ビニール袋かボウルをセットします。

    3.シャンプーをしよう

    シャンプー台で施術する場合は、シャンプー後にシャーダーラを行います。 ベッドで行う際はシャーダーラ後にシャワーを行い、全身を洗い流していただきます。

    4.スタート

    額のチャクラにシャーピースを付け、開始します。 こめかみ~チャクラ〜こめかみへ、ゆっくり往復します。 ボウルに溜まった液をポットに移して2〜3 回繰り返します。



    5.マッサージをしよう

    ボウルに溜まったシャーダーラ液を、髪と頭皮に揉み込むようにマッサージし、シャワーですすぎます。 ベッドで施術する場合、ここでシャワーを行い洗い流します。
    ※ベッドでの施術の場合は、セサミオイルで行うシロダーラがおすすめです。



    6.シャーリスマを付けて仕上げます。

    シャーリスマを付け終了です。艶やかな髪と、すっきり軽やかな頭皮へ。 オイルマッサージとの相乗効果で、安眠 を得られます。ストレス解消にも効果的です。

  • フローチャート
  • シャナーズアーユルヴェーダが提供するリラクゼーションは、心と体に滞った未消化物を洗い流し、代謝の良い体をつくりながら、 体の芯から疲れをほぐし、張り詰めた神経を緩めます。
    そのため、質の良い睡眠や頭痛、目の疲れ、むくみなど、様々な効果が期 待できます。
    シャーダーラは全身のマッサージアヴィヤンガ、頭のマッサージシロアヴィヤンガの後に行うと、より効果的です。
  • ■シロダーラとは?

    『siro=頭』、『dara=流す』という意味。『脳のマッサージ』『心の治療法』などと呼ばれる、
    アーユルヴェーダトリートメントの1つです。
    一般的な処置法は、額のチャクラから頭皮へ温めたオイルを数分間垂らし続けます。


    ■シロダーラの効果

    心がほぐれると身体もほぐれ、心身共に健康に。シロダーラは「心の治療法」とも言われ、インドでは不眠症、神経疾患、脱毛、過度の精神疲労などの 治療として行われます。
    毎日忙しい、頭脳を酷使する、パソコンをよく使う、悩みを抱えている、頭痛がひどい、夜眠れないなど、ストレスによる様々な 状態におすすめのトリートメントです。
    ※シロダーラは単体のメニューではなく、オイルマッサージの後に後に行います。

「カルマオイル」のここがオススメ

  • 気になる部分をきゅっと引き締め

    ダイエットをして体重を落としても、美しい体型は手に入りません

  • Karma oil

    50ml/1,600円 +税 500ml/12,000円 +税
    ※業務用4000mlサイズもあります。

  • こんな人におすすめ!

    メリハリのある形の良いボディを作りたい。

    以前に比べ、体形の崩れが気になる。

    お腹周りや太ももが気になる。

    便秘がち。

    肌のたるみ、カサツキ、しわが気になる。

    疲れや、だるさが取れにくい。眠りが浅い。

  • 使い方

    カルマオイルは全身のマッサージに使用でき、特に腹部と太ももに効果を発揮します。
    アーユルヴェーダ以外のマッ サージにもお使いいただけます。
    サロンでのマッサージは揉みほぐすような手技がおすすめです。
    ホームケアでは、 肌にオイルをたっぷり付け、心地よい強さでほぐして下さい。
    マッサージ後は水分をたっぷりとり、ゆっくり入浴してください。毎日使用するとより効果的です。

  • 問い合わせ
  • 問い合わせ
▲ページの先頭へ