インドの伝承医学アーユルヴェーダに基づき一人ひとりの体質にあった美容を提案するシャナーズアーユルヴェーダ化粧品

お問い合わせ

FAQ

  • 取扱店舗につてい
  • 取扱店舗について
  • シャナーズアーユルヴェーダ化粧品は数々のサロンや専門店などで取り扱われており、多くの方に最高の癒しを提供しています。

商品案内

ホーム >FAQ

  • 商品に関するご質問
  • ドーシャチェックをして、エッセンシャルオイルを選んだら、好きな香りが私のドーシャと合いません。ドーシャの違う香りを使ってはいけないのですか?
  • ドーシャチェックで知った今現在の自分の状況とは、増えすぎたドーシャを鎮め整えるための目安です。 1日の中で無理のないところからドーシャのバランスをとるよう生活を見直してみてください。 アロマオイルにつきましても、ドーシャが合わなくてもリラックスできる好きな香りを使ってアーユルヴェーダライフをお楽しみください。
  • 肌が敏感なのですがシャナーズの化粧品を使えますか?
  • 健やかな肌状態の維持を目的としたシャナーズのスキンケアでは、まず基本のスキンケアで肌力を高めることが一番と考えておりますが、 インドハーブがふんだんに配合されておりますので、ハーブ化粧品を初めてお使いになる方やお肌に不安をお持ちの方は、使用前に腕の内側など、 皮膚の柔らかい部分に少量を塗布し、赤くなるなどの異常がないことを確かめる方法をお勧めします。
    この場合、洗顔料といった洗い流すものを長時間つけっぱなしにすることは避けてください。 そのほか化粧品には、その配合成分が表示してありますので、アレルギーをおこす可能性のある方は、 この表示成分を目安にされるとよいでしょう。アトピーなどの皮膚疾患や、特にお肌が敏感な方は、医師と相談のうえ化粧品をお使いください。
  • 化粧品を使うと肌がピリピリすることがあるんですけど?
  • 多くの人が使ってなんでもない化粧品でも、人によってはピリピリしたり、痒くなったり、赤くなったりすることがあります。 これは体質や体調、季節や環境、心理状態なども関係するといわれています。 ですので、はじめて使った化粧品、使い続けている化粧品にかかわらず、万一お肌に異常があらわれた場合は、化粧品の使用を中止してください。 そのまま使用を続けますと、症状を悪化させる場合があります。また、傷や腫れ物や湿疹など肌に異常があるところには、化粧品は使用しないようにしてください。 肌に異常が現れたときは、
    ・化粧品の使用を中止し、すぐに洗い流してください。
    ・水や濡らしたタオルでよく冷やしてください。
    ・手でさわったり、かいたり、タオルでこすったりしないでください。
    ・直射日光を極力さけ、ゆっくり休養するよう心がけてください。
    ・アルコールや刺激物は採らないようにしましょう。
    ・パーマやヘアダイをすることは見合わせましょう。
    ・心配なときは、皮膚科専門医に相談しましょう。
  • シャンプーが目に入ってしみたのですが心配ありませんか?
  • 万一シャンプーが目に入ってしみることがありましたら、あわてずすみやかに水またはぬるま湯で、まばたきをしながらよく洗い流してください。 シャンプー以外でも、リンスや石鹸、洗顔料、ヘアトニックなどしみる事がありますので、使用中は目に入らないように注意してください。
  • 使っているうちにクリームの色やにおいが変わってきたのですが大丈夫ですか?
  • 一度封を切った使いかけの化粧品を長時間保管していると、においが変わってしまうことがあります。 これは、容器内のクリームを手指で直接触ったり、一度出したものを容器に戻し入れることで、雑菌やゴミなどが侵入してしまうために起こります。 もし、においが変わってきたり色が濁ってきたら、その化粧品は使用しないようにしてください。
    ◎化粧品を最後まで清潔に使うには、
    ・化粧品を使う前には、手指を清潔にしましょう。
    ・一度出した化粧品の内容物を容器の中に戻さないようにしましょう。
    ・封を開けた化粧品はできるだけ早めに使いきりましょう。
    ・内容物の変質を避けるため、使用後は必ずしっかりフタを閉めましょう。
    ・高温、温度、温度変化の激しい所への保管は避けましょう。
    ・水などの異物を混入することは絶対に避けましょう。
  • 鉱物油は肌に悪いのでしょうか?
  • 鉱物油とは石油から得られる油原料で、十分に精製された安定性・安全性ともに非常に高いものです。 鉱物油は化粧品だけでなく、医薬品にも数多く使用されています。 肌荒れやアレルギーなど何かトラブルがおこると、「鉱物油のせい?」など、とかく悪い成分と疑われがちですが、 アレルギー反応をおこす原因に、植物性・動物性・鉱物性の区別はありません。 化粧品は様々な成分を組み合わせて作られます。シャナーズでも鉱物油、植物油、動物油、そのいずれも使用しておりますが、 すべて厳しいテストを繰り返し、安全基準をクリアしたものだけを使用していますのでご安心ください。
  • 化粧品に配合されている成分を知りたいのですが?
  • 薬事法の中の化粧品表示で、以前は指定成分として表示義務のあるものを使用した場合、 その成分だけを表示すればよいという決まりでしたが、平成14年4月から施行された表示の仕方で、 使用した成分のすべてをボトル裏面に表示することを義務付けられました。 ですので、化粧品に含まれる成分を知りたいときは、容器の裏面をお確かめください。